スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年クロワッサン作り♬




だんだん寒くなってきました。


気温が下がると、私は決まってクロワッサン作りを開始します(=゚ω゚)ノ



クロワッサンの生地は普通の生地作りと考え方が全く違います。

バターを折り込むことのほかに、
捏ね方、生地の温度、発酵方法…とにかく特殊です。


そして、何よりも大事なのが、
見た目ではなく、鉢の巣状の断面です(。>ω<。)ノ


クロワッサン作りを初めて4年ぐらいになりますが、
これは去年のものです(´・Д・)」
(中のつぶつぶが全粒粉です)

2015


去年までは、室温や手の温度によって、
生地が全く安定しませんでした( ノД`)
少しでも室温が高いと生地がダレてしまう。。。
とにかく扱いづらい。。。




これをなんとかしようと、
今年はクロワッサンが作りづらい夏の時期に

クロワッサンの作り方を調べ直し、

妄想に妄想を繰り返し、

2016年バージョンができあがりました\(^o^)/


2016


リストォル(80%)、ドルチェ(12%)、全粒粉(8%)の
オーバーナイトの低温発酵で作りました。

配合は去年と同じですが、今年はバターは折込み用のみ。
生地にバターを擦り込むのをやめてみました。
(ちなみにフランスではこの作り方が多いんだとか…)


そしたら、生地のダレ方が全然違いました!!


生地に擦り込むバターなんて全体の数%だったのに、
こんなにも質がかわるなんてびっくりです。


これで、生地が扱いづらいと言われている
「タイプER」の生地を混ぜて作ってみたいです(っ^ω^)っ


周りはパイ生地のようにサクサク。(焼き立ては(´_ゝ`))

中のクラムはふわふわのモチモチ。(焼き立ては(´_ゝ`))


でも、悲しいことに焼いて1日経つと、
生地のカリカリふわふわ感はなくなってしまいます(´_ゝ`)
(保存が苦手!!!!!!(゚д゚)、ペッ)


FullSizeR (2)


今後の課題は、「美味しく保つための保存方法」です(´_ゝ`)


受付Am
スポンサーサイト
09 | 2016/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

towerside

Author:towerside
☆当クリニックは若返り・タトゥー除去・肌質改善・オペ治療を細部まで日々追及し続けています。
はっきりとした効果があり、ある程度治療費が抑えられ、出来るだけメスを使用しない治療を目指しています。
このブログはそんな美容クリニックで働く私たちスタッフの徒然ブログです(*'ω'*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。