QYAGトーニング (通称:レーザートーニング)を考える

当院の人気の施術
QYAGトーニング(キューヤグトーニング;通称 レーザートーニング)とは…
高性能QスイッチYAGレーザーを用いた、混在シミに対する治療法です
これまで肝斑にはレーザー治療は禁忌とされてきました…
が!QYAGトーニングの登場により肝斑があっても混在シミに対する治療を躊躇なく行うことが可能になりました

これについての詳細はホームページをご覧いただければと思います ⇒当院HP
一般論ですが、お顔にレーザーを照射する場合は当然眼球を保護しなければいけません。何らかのアイシールドで目を覆います。つまりアイシールドに覆われている部分+αは照射が出来ないわけです。

ということで治療を重ねると以下のようになります。

照射前
ブログ用1
照射3回後
ブログ用2
照射5回後
ブログ用4

コンビネーショントーニングはQYAGトーニングでのレーザー照射に加えシミ1つ1つに焦点を当て他治療を重ねていくため、ある程度この問題は回避できます。が、やはりレーザー治療である以上、「目のキワのシミ」の残留問題は課題ではありますね。
こちらの患者様は現在治療中の方なのでまた経過を報告させていただきますね


名古屋タワーサイドクリニック 看護師Ym


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

towerside

Author:towerside
☆当クリニックは若返り・タトゥー除去・肌質改善・オペ治療を細部まで日々追及し続けています。
はっきりとした効果があり、ある程度治療費が抑えられ、出来るだけメスを使用しない治療を目指しています。
このブログはそんな美容クリニックで働く私たちスタッフの徒然ブログです(*'ω'*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR