ビットコインキャッシュ(BCH)逆転の日(か?) その2 骨肉争い編

早速、その1はわかりにくいから読まんかった
というご感想を頂いたので、続きをもっとわかりやすく書きます。

で、要するに
ビットコインの大きな問題はサトシナカモトが発表した時代からスケーラビリティ(ブロックのサイズの大きさ)問題が大きなテーマとしてあった訳です。
現行のビットコインは1MB(メガバイト)という情報量で、小さいし、送金に時間かかるし送金手数料も高いし、もっと大きくしようぜってのがビックブロック派です。現実路線派。マイナー主体。
対して、ドンドン大きくすりゃいいってもんじゃない、バグもあるし後でビットコインのメインのチェーンの外でもスケールの問題を解決できるように色々考えてやるべきでしょ。アンカリングさえできるようにしておけば後でオフチェーンでスケールできるでしょ。だってハードフォークだよ。元に戻せんよ。ASICでズルしてたクセに何抜かす
というまあ理論派慎重派がスモールブロック派(コア派)です。

例えて言うならば

ビックブロック派    高須十仁系美容外科派(JSAS)
スモールブロック派   形成系美容外科派(JSAPS)

JSASは開業医系で、よくも悪くもさばけており、美容は美容内科だろうが植毛専門だろうがいいんじゃね?
みんなで仲良くやろうぜ 論文?まあムリに書かなくてもいいじゃん 形成の修行?現場で修行よだってオレ転科組だもん
エビデンス?いいのいいの患者さんの満足が大事大事まあ硬いこと言いっこなし
学会?学会はクリニックに飾る表彰状とその授与式の写真撮るところよ後は会場でフェラーリ見るの

JSAPSは大学系で、美容に形成の修行は必要。形成の専門医じゃないと美容外科医を標榜してはならない
ちゃんと論文書け 学会に来たいんだったら会頭にメールして直接許可を個別に出すから。宮崎?何処の馬の骨?
JSASは金儲けばっかり考えるんじゃねえでもオレも金儲け大好きだけど
権威をタテに美容外科医を絞り、少数のエリートで支配しちゃお、みたいな感じです。

例えが不適切かもしれませんスミマセン

ビックブロック派はオンチェーンスケーリングを目指し、1MBは時代遅れ、もっと大きくして現実問題に対応していこう、
また改めてオフチェーンでのスケーリングは考えればいいんじゃね
まずは社会的な認知度上げていかないとダメでしょペイメント優先、そうすれば価値の保蔵機能も付いてくる
でもまあぶっちゃけトランザクション増えればマイナーのオレッちは儲かるけどね
SegWitしちゃうとオレのASIC使えなくなるし買い直さなかんし半分グレーなんだよね
そもそも香港アグリーメントの約束ブッチしやがって

コア派は最小限の身軽なメインチェーンが良いのよ、後はスケールの問題はオフチェーンで解決可能、ア但しペイメントの話ね。
そもそもとしてビットコインは価値の保蔵にあるんだから。インターネットゴールドだから。
時間なんかかかったっていいでしょ
それにウチだって一部企業から金貰っててその意向もあるしね、マイクロペイメントだってそっちが儲かるように算段してる最中だから
マイナーたちに支配させないオレッちが支配するから


まあこんな感じかな(ゆがんだ私見ですスミマセン)
でまあ兎に角、BCHはちゃんと動いてるじゃん、と見直されつつあり、手数料安いし早いし良くね?
って感じになってきているので

#BTC BCH 両方保有して適宜リバランスしていく
#その他のアルト系は当面浮かび上がんないかもね 正直多くはオワコンかも
#RSKみたいなのが実装されるとイーサヤバいかもよ
ビットコインのサイドチェーンでEthereumのようなスマートコントラクトが実装される可能性

#その1で触れたように、ビットコインはもはや仮想通貨上の基軸通貨のような機能を持っており、今後法定通貨「日本円」が何らかの形でデジタル化される際に実はビットコインは避けて通ることはできない(ビットコインが法定通貨になると主張しているわけではありません)
なので早めに馴染んでおいた方が絶対いいよ銀行のATMにトラックで突っ込むのタイヘンだよ(ウソです)

ということですね 実は最後の#が言いたかった

みや


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

towerside

Author:towerside
☆当クリニックは若返り・タトゥー除去・肌質改善・オペ治療を細部まで日々追及し続けています。
はっきりとした効果があり、ある程度治療費が抑えられ、出来るだけメスを使用しない治療を目指しています。
このブログはそんな美容クリニックで働く私たちスタッフの徒然ブログです(*'ω'*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR